前記事の続きですよ。。。

そして、その後二人はバスルームへ連れて行かれます。。。

二人を連結して、ダブル浣腸です。。。。
腿と腕をベルトで繋がれ、二人三脚浣腸です。

2014-07-23_16102014-07-23_1613

女王様(ブログ参照)は、二人の肛門にタップリとワセリンを塗りこみます。
ゆっくりと優しく肛門をマッサージしながら緩めていくのです。

ゆきは、女王様に肛門に指を入れられても、
恥ずかしいからでしょう・・・
声もあげずに、頭を下げたまま耐えているようです。。。

2014-07-23_1614_0012014-07-23_1614_002

そして、今度はエマの肛門に
女王様が指を入れると
エ:「いたぃ・・・・」
私:「ん?おまえ切れてんのか?」
エ:「だって・・すごい拭くもん・・・・血が出るまで拭いちゃうもん・・・・」
私:「拭きすぎだよ。。。肛門を大事にしなさい。。。」
エ:「はぁ~ぃ。。。」

そんな理由なので、多少痛かろうが気にせず続行です。。。w

2014-07-23_16152014-07-23_1616

徐々に肛門を広げていきますが
エマは、やはり痛がります・・・

私:「なんでそんな痛がるんだ・・・・痛いふりしてるだけだろ。。。」
エ:「ちがうぅ・・・」

では、私が状況確認してみましょうか。。
私:「どこが痛いの???・・・こっちか???下か???」
エ:「いたぃたぃたぃ・・・・あ~いたい・・・」
私:「ここか???」
エ:「いたぁぃ・・・・左の方・・・」
私:「ひだりのほぅwww ・・・じゃぁ。ここは?」
エ:「あはぁ~ん・・・・それきもちい・・・・」
私:「きもちいのか。。。なんできもちいいんだろ。。。こんなところが。。。」
エ:「あ~ん・・・ん~~~~・・・」

2014-07-23_17562014-07-23_1759

私:「ん?なんで?」
エ:「ああん・・・・ん~~~・・・」
私:「いたいのどうした??」
エ:「中は気持ちいけど・・・入り口が痛い。。。あああ~~ん。あ・あ・あ・あ・・・・・あああ~」
私:「じゃ、だいじょうぶだ。。」
女:「ゆきちゃんのもうすごいおっきぃ・・・」

エマは喘ぎっぱなしですが・・・なんだかんだ言って
ふたりとも、すでに指3本入っちゃってます。。。。


さ。。。。では、そろそろ注入しましょうか。。。
私:「1500くらいずついくか。。。」
ゆ:「ああ~ん・・・・出ちゃうかも・・・我慢できない。。。」
私:「え?できるよ。ほらケツ出せ。。。」
と尻をパチンとしてやります。

私:「もっとお尻だせ・・・そうそうそう・・・・いくよっ」
ゆ:「ふぅぁ~・・・ぅあ~~っ・・・ぅっ・ぅっ・ぅっ・ぅあっ・・・やぁ~や・や・や・や・だ~め~~~っ」
私:「ぁぃ、おわったよ~」
女:「ん~大丈夫」
と、女王様はゆきの肛門に指を突っ込み蓋をしています。

では、エマにも注入です。。。ぶちゅ~~~っと。
難なくふたりとも1本め完了。

2014-07-23_18082014-07-23_1816

ゆきに2本目です。
ゆ:「あ~~~~~~~~~~~~~~・・・・・」
と言ってる間に注入完了。
さっさと次行きましょう。
エマに2本目です。「うぅぅぅう~~~」

私:「おまえらもう・・・あなる友達だな。。。」
女:「ん???」
私:「こいつら・・・同じシリンジで刺されちゃって・・・」
女:「んふふふ・・・・」

と言いながら2本目も注入完了。

3本目は、シリンジにお湯を入れたら、女王様に渡します。
ゆきの3本目からは、女王様注入です。。。
注入が始まると、いきなりエマが笑い出し・・・
エ:「んふふ・・おなかいたい・・・お腹痛い~~」
と騒ぎ始めます。。。。

私:「だめだよ・・・・おれが後ろにいるんだから。。。」
私:「ダメだぞ。。。我慢しろ。。。おぃ・・・おれがいるのわかってるんだろうな。。。」
エ:「ひぃっ・・・わかっているけど・・・・あああ」

ゆきは注入完了したので、ホントは今度はエマの番です。。。
しかし・・・こいつは、もうお腹痛いなどとほざいています。。。
今無理に注入すると危険です。。。。
私が後ろにいるのですからね。。。

シリンジにお湯を吸い込んだら、
もう一度女王様に渡し、続けてゆきに注入です。
エマは、一回休みにしましょう。。。

私:「ゆき何本目?これ・・・」
ゆ:「ん・ん・・・・わかんない・・・」
私:「2本目だろ。これ。。。」
ゆ:「えええ~~?」

2014-07-23_18232014-07-23_1829

エマは少し落ち着いたようですので
3本目入ります。。。

すると・・・うそつきエマは
エ:「それ6本目・・・・」
などと言い出します。。。。
私:「2だろ。。。2だな。。。。」

そんな嘘を平気で言う奴には、続けてもう1本ぶちこんでやります。。。

さ、これで、ゆきと並びました。。。。
確かふたりとも2本でしたね。。。

その後も交互に注入していきます。
たしか、ふたりとも6本くらいは入りました・・・

エ:「おなかいた~~い・・・・もうむり~」
エ:「ぅあああ~~・・・で~るぅぅぅぅ・・・」
私:「だめだめだめ・・・・まだだよ。。。」

私が後ろに座ってるんですからね。。。
今出されたら、大変なことになってしまいます。。。。

エマはグズグズ言いたがる女です。
めんどくせーので、このくらいにしてやりますか。。。。

まだだめ・・・まだダメと言いながら
私と女王様は、風呂場の外に緊急避難です。。

エ:「あ~~~~~でるぅぅぅぅ」
とエマは、すでにぴゅるぴゅる吹き出しています。。。。
私:「おお~~~だめだよ。後ろ扉空いてんだからな!だめだよ、大変なことになっちゃうから!」
エ:「も~だめ~ほんとだめ~~~」

もうだめもなにも・・・・・ぴゅるぴゅるでちゃってますけどね・・・・

2014-07-23_18392014-07-23_1845

私:「だめだめ・・・ゆきはまだ余裕だぞ・・・」
とエマの尻を叩きます。

ゆきも苦しそうにはしていますが、おとなしく耐えています。。。。

でわ・・・・・でゎ・・・・

ゆきの喉奥に指でも突っ込んでみましょうか。。。
ゆ:「おぅっ・・・・」
私:「どした・・・・どした・・・」
ゆ:「げぶっ・・・・ごぶっ・・・・おぇっ。。。。」

2014-07-23_18502014-07-23_1851

口からなんか、だらだらとでてきましたね。。。。

首を押さえつけ、指2本を喉の奥の方まで突っ込んでやります。。。
私:「おれにゲロかけんなよ・・・・・あ・・すげ~~~奥まで入っちゃったな・・・」
ゆ:「ぐぼっ・・・ぐげっ・・・・・・」
私:「くるしいの・・・・」
ゆ:「ぶふっ・・・おぇっっふ・・・・おえええ。。。」

涙と鼻水も出てきました。。。
そして、ゲフゲフと嘔吐きに合わせ、おしりからもピュッピュッっと吹き出しています。

2014-07-23_18582014-07-23_1859

今度はエマです。
嫌がるエマの頭を押さえつけ、喉奥に指を突っ込んでやりましょう。

2014-07-23_19262014-07-23_1928

お~~~ぇっ・ばっしゃ~~~・・・・
お”~~~ぇ”っ・ばっしゃ~~~・・・・
と、オエオエすると腹筋に力が入り、肛門から吹き出してしまいます。。。
面白いほど、びゃーびゃー吹き出します。。。

ゲフゲフしながら、胃液がだらだら出てきますね。。。
泣きながら、鼻水もたらし、口からもダラダラです。。。
だらしない子です。。。
穴という穴から色んなモノが垂れてきちゃってます。。。

2014-07-24_12262014-07-24_1227

しかし・・・・
エマがオエオエしながら暴れるものですから
拘束された腿が引っ張られ・・・
ゆきの足が横に引っ張られるわけです。。
その、刺激で肛門が緩み・・・
ピューピューと、ゆきの肛門からも漏れだしています。。。
いろんなことが、連鎖的に起きてしまっていますwww

2014-07-24_12332014-07-24_1234

エマがオエオエしているのを見ながら
ゆきはニコニコしながら・・・
出していいですか??と言っています。。。

ま、もう出ちゃってますけどね・・・

しかし、ニコニコしながらとは・・・
まったくこいつは、この状況なのにどうなっちゃってるんでしょうか。。。
1800mlくらいじゃ、どうってことないんでしょうね。。。

2014-07-24_12412014-07-24_1241_001

後ろを見てみると・・・なんと
出していいですか?とか言ってたゆきは
許可もしないうちから
もう、うんこ出ちゃっているではありませんか・・・

私:「あ~~もう・・・うんこだらけじゃん。。。。」

2014-07-24_12502014-07-24_1251

しょうがないから、もう一本ぶち込んじゃいましょう。。。

ゆ:「あ~~~・・・はいんないはいんない・・・はいんないですっ・・・」
入っちゃいましたけどね。。。。。

ゆきのうんこがあまりにもくさいので・・・
そして私の足場がやばいので・・・・
さっさとうんこは流してしまいましょう。。。

2014-07-24_1251_0012014-07-24_1252

それではふたりとももう少し、注入して
一気に出させてやりますか。。。

あ~だ~めっ・・・
いたいたぃたぃ・・・・
おなかいたい・・・

二人して騒ぐので何を言ってるのかわかりません。。。
私:「え?誰が痛いの???」
ゆ:「いたいです~~~~~」
私:「え?・・・・・・だれだ・・・・いたいのは。。。。」
と、ドンドン注入しておきます。

ゆきに連続注入している間に
エマの肛門から、じょろじょろ溢れ出ています。

私:「おらおらおらっおい!・・・・なんで漏れてんだよっ」

やぁ~もうでる・・・
だめだよおれが後ろにいるんだから
おなかいた~~~い
こらっ!こらっ!
もうむり~~~
あああああ~~・・・
ダメダメダメっ
危ない危ないっ!

もう風呂場の中は大騒ぎです・・・

いよいよ危険を感じた私は、避難します。

私:「よしっいいよ~・・・はい一気に出せふたりともっ」

・・・・・・だせっつったら、なかなか出てきません。。。
しょうがないので、ゆきの肛門をひらいてみます。。。

2014-07-24_13012014-07-24_1301_001

腹をグシグシしたりしてみますが
出せって言うと出ないんですかね。。。

ゆ:「トイレ行きたいです。。。」
私:「え???・・・・何言ってんだよ・・・だめだよ。。。早く出せ。。行かれるわけねーだろこの状態で。」

そりゃそうです。二人は二人三脚浣腸ですからね。。。
つながっちゃってるんです。

まだ我慢出来てるようなので
もうちょっとぶち込みますか。。。
ゆ:「あ~~~~~~~~~~~おなかすごいごろごろゆってる・・・」
エマにももう一本・・・いや2本。。。。。
注入完了した途端、ビャ~~~~っと吹き出します。

2014-07-24_13062014-07-24_1307

私:「ゆきまだ余裕だね。。。」
ゆ:「だめっ・・・でるっ・でるっ・でるっ・でるっ・でるっ・」
と足をじたばたさせています。
その横で、エマはだま~~~って、ぴゅるるるるるる~~~と
こっそり出しているではありませんか。。。。
私:「おぃ、なにちょろちょろちょろちょろ・・・・早く出せよ。。。」

2014-07-24_13102014-07-24_1311

私:「じゃ、二人で一緒にいくぞ?・・・いっせ~のせっ」
と二人の腰を叩きます。。。
素直なゆきは、合図とともにびゅるるるるるるっる~~~と一気に吹き出します。
エマはといえば・・・「もうぉでない。。。。」
・・・・・ったく協調性のないやつですね。。。 

2014-07-24_13132014-07-24_1314

私:「おい・・・おまえらどうしたの?」
ゆ:「出そうで出ない・・・でも出そうなの・・・身が・・・」
女:「ん~出しちゃいなよ。だいじょうぶだよ~」
私:「何いってんの、おまえいつもいっぱい・・・・」
ゆ:「だって、かかっちゃうじゃないですか・・・」
私:「おまえ、さっきさ・・・エマにうんこ掛けられたの知らないの??」
ゆ:「しってますけど~~~」
私:「おまえの足、エマのうんこだらけになってたの知らないの??」 
ゆ:「しってますけど~~~」
私:「じゃぁ、仕返ししてやれ」
ゆ:「やばいっ・・・でるっ・・・・」
私:「おい、なんでおれが後ろにいるとき出すんだよ」
エ:「やばい・・・あたしもでそぉ・・・」
私:「だめだよ!」
さっさと退避です。。。

するとゆきの肛門から、びちゃびちゃびちゃ・・・・ぶりっ・・・ぶりぶりっ・・・
私:「あ~あ~あ・・・・品のね~やろうだな。。。。」
もう固まりやガスがぶりっぶりでちゃってます。。。

jishukujishuku

ゆきの後を追うように、
今度はエマがびゃ~~~ぶりっぶりっ・・・・と。。。。

私:「あ~~あ・・・ゆきうんちだらけだよ・・あ。くっさい・・・くさいな~~」
ゆ:「や~だ~~」
私:「あ~~きたっ・・・・あ~ゆき酷いよおまえ・・・うんこぉ~~~」
私:「なんかちょっと・・・魚っぽい臭いすんぞ・・・誰だ魚食ったの・・・」
ゆ:「あっまたでてくる・・・やばぃ・・・」
私:「やばいなゆきちゃん・・・ねぇ・・・エマの足にうんこいっぱいかかっちゃってるぞ・・・」
ゆ:「やめてぇ~~」
私:「いいの?そんなことで。。。」
ゆ:「やだっ・・・だめっ」
私:「人にうんこかけちゃっていいの???」
ゆ:「だめっ・・・だからどうにかしてくださいっ・・」

ゆきは肛門から、ブリッブリうんこを吹き出し、エマの足をうんこまみれにしています。。。

jishukujishuku

交互に噴出しながら  ほぼ出きったようので
さぁ・・濯ぎです。。。

二人の肛門に、交互にシリコンノズルでお湯を注入し
洗浄していきましょう。。
 
jishukujishuku

そして、ダブル噴射です。。。
jishukujishuku

もうゆきの腹ん中はどうなっちゃてるのでしょう・・・
糞だらけです。。。

jishukujishuku


私:「もう~すごいな~ゆきは。。。。なに食ったの?カレーライス???」
ゆ:「たべてないです。。。。」
私:「さかな???」
ゆ:「しゃけは・・・・」
私:「あ~しゃけね。。。しゃけっぽいのあるな。。。」

このあともう20分ほどかけて、腸内洗浄をしますが
内容は、いつものとおりですので割愛させていただきます。。。

2014-07-24_13532014-07-24_1354

なんか。。。
子豚が寄り添う豚舎の洗浄でもしているような、かわいい画ですね。。。


というわけで、つづく・・・・






横浜 SM HOTEL 愛愛賓館
このホテルでは、
日夜こんなことが繰り広げられているのでしょう。





このブログの動画をもっと見たい方は Gcolleで販売しております。
PCの方は、FC2でもご覧いただけます。



こんな事されてみたい人は、お気軽に左側のメッセージ欄かメールをください。
また、未成年者は固くお断りいたします。
携帯の方は必ず受信設定してください。

こんな事したい人は↓


BDSM・SMの真面目なSNS BDSM KinkyClub 始めました BDSMKinkyClubban
皆さんご参加ください



面白かったと思った方は↓ぷちっとね?

アダルトブログランキングへ